医局員募集

私たちは地域の将来を
担う専門医を育成します

信州大学医学部泌尿器科学教室では、
広く医局員を募集しています。
新卒・既卒は問いません。
他科で研鑽を積まれた方も歓迎いたします。

また、女性医師につきましては、
信州大学医学部・
附属病院地域医療人育成センターにて
女性医師・キャリア支援プロジェクトを
行っております。

教授メッセージ

信州大学医学部泌尿器科学教室のホームページへようこそ ! 

本教室は60年以上の長い歴史を有し、2024年4月から私が第五代教授を務めております 

泌尿器科が担当する領域は非常に幅広く、悪性腫瘍、腎移植、下部尿路機能障害、尿路再建、小児泌尿器科、男性不妊、感染症、性機能障害、慢性炎症など多岐にわたります。これらのすべてを専門的に究めることは難しく、特に大都市圏では多くの泌尿器科でサブスペシャリティの選択(限定)がなされています。 

しかし、わたくしたちの教室は長野県唯一の高度医学教育機関であるため、可能な限り幅広い分野において専門的な知識・技術をもつ泌尿器科医を育成する必要があります。これは、逆に言えばこれから泌尿器科学の道を歩み始める皆さんにとって、将来のサブスペシャリティの選択肢が多いという大きなアドバンテージになります。 

ロボット支援手術を究めたい方、下部尿路機能障害の臨床・研究をしたい方、小児泌尿器科に進みたい方、男性不妊に興味がある方、難病の病態解明研究をしたい方、すべてのニーズに応えることが可能です。 

長野県、山梨県の基幹病院の殆どが当教室の関連病院であり、早い時期から豊富な臨床経験を積むことが出来るのも大きな特徴です。多くの先生が必要最小年限でロボット支援手術のプロクター資格や腹腔鏡技術認定医資格を取得しています。 

教室内に競争原理はなく、またこれからも導入するつもりはありません。わたし自身がそうであったように、研究でも臨床でも「興味を持ったことを、楽しんでとことんやる」姿勢を醸成すれば、結果は自ずとついてきます。そのためには、教室の雰囲気も大切です。ギスギスした雰囲気で仕事を楽しめるはずはありません。互助の精神を大切に皆で切磋琢磨し、温かく居心地のよい教室作りをモットーとしています。 

多くの皆さまと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。 

少しでも興味が湧いた方はどうぞ遠慮なくご連絡下さい。 

お待ちしております。 

信州大学医学部泌尿器科学教室
教授 秋山 佳之 

大学院生募集

信州大学大学院総合医理工学研究科博士課程医学系専攻 泌尿器科学では大学院生をひろく募集しています。 
毎年1-2名程度が大学院に進学し、医学博士号を取得しています。 

詳しくは信州大学大学院総合医理工学研究科の泌尿器科のページをご覧ください。 

医局紹介

2014年に石塚教授が着任、「温故知新」のもと、医局が大きく模様替えになりました。
写真で新しい教室をご紹介します。

泌尿器科学教室の入り口はスッキリしました。
カンファレンス室は20名は収容できるようになりました。
教授室では臨床実習指導が可能となりました。
教授室の本は図書室に移動しました。
図書室が整備されました。
50年以上の教室の歴史はこの本棚で見ることができます。
教室員はここで食事をします。
教室の窓からは松本城が見えます(左中間部)

医局行事

当教室では、臨床・学術活動以外にも様々な医局行事が催されています。

医局旅行

毎年、県内外の温泉や観光地に訪れて、親睦・交流を深めます。2017年は山梨県の石和温泉、2018年は長野県南部の昼神温泉に言ってきました。コメディカルスタッフ、家族での参加もあり、楽しい会となりました。

雪合戦

みなさん、雪合戦がスポーツであることをご存知ですか?ちゃんとしたルールのあるスポーツで、将来はオリンピック競技になるとも言われています。2018年度冬、当教室ではチームを結成して大会に参加しました。残念な結果には終わりましたが、その楽しさと奥深さを学び、来年度のリベンジに燃えています。

医局対抗戦

信州大学では医局対抗野球大会があります。近年、当教室では若い人たちが沢山入局し、野球経験者も増ており、今後の好成績が期待されています。

医局ゴルフ・コンペ

ゴルフ好き、およびゴルフ部OBが集まり、学外からのゲストをお招きして、年に3−4回のコンペが行われています。高地でのゴルフは、すがすがしさと景色が抜群です。

その他

毎年1月には信州大学泌尿器科学教室の同門会を開催し、県内外の同門が集い、交流を深めます。歴史ある当教室のさらなる発展を誓う重要な機会です。また、年末には忘年会を開催し、交流と慰安のため病棟・手術室・外来のスタッフを迎えて盛大に行います。例年、松本市内の温泉旅館で行います。

よくある質問

毎年、何人くらい入局しますか?

年によりムラがあります。2018年か2022年までに5年間では21人が入局しています。平均では約4人となります。

定員はありますか?

シーリングの関係で、6人まで可能です。

医局員の出身大学は主にどこですか?

当教室に学閥はありません。信州大学が最も多いですが、東北大学、岩手医科大学、秋田大学、自治医科大学、金沢大学、新潟大学、富山大学、福井大学、島根大学、大分大学、琉球大学、昭和大学、埼玉医科大学、帝京大学、日本大学、東京女子医科大学と多彩です。
教室内では「出身大学」の話題が出ることは殆どなく(誰も気にしてません)、「信大泌尿器科医局員・同門会員」として一体化しています。 

専門研修プログラム

2018年より日本専門医機構の制度による専門研修プログラムが開始されました。
信州大学専門研修プログラムには下記の施設が参加しております。

後期臨床研修医募集

信州大学泌尿器科学教室では熱意を持つ後期臨床研修医募集を募集中です。一人の患者を全体的にケアし、病の発見から経過観察まで行う診療科で一緒に成長しませんか?

お問い合わせcontact

信州大学 医学部 泌尿器科学教室への研修・見学・医局へのお問い合わせはこちら